So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

お花見2012【その6・広沢池〜大覚寺】 [お花見]

金閣寺,龍安寺,仁和寺のスター寺院居並ぶ「きぬかけの路」は,いつも観光客でにぎわっている。とくに今年のお花見シーズンは,JR東海ポスターが龍安寺だったためか,とんでもない混雑ぶりであったように思う。道は渋滞してるし,バスはぎゅうぎゅう詰めだし。

しかし龍安寺と仁和寺を越え,きぬかけの路をさらに奥へと進めば,うそのようにのどかな山里の桜がゆっくり楽しめるのであった。

2.jpg
のどかー。遠くに見えているのは大沢池の桜(たぶん)。

続きを読む


お花見2012【その5・佐野籐右衛門邸】 [お花見]

桜守・佐野籐右衛門のご自邸へ,桜を観に行ってきた。
お庭が無料解放されており,マナーの守れる良識ある市民なら,誰でもウェルカムなのである。

0.jpg



続きを読む


お花見2012【その4・山科(随心院〜勧修寺)】 [お花見]

醍醐寺から歩いて15分ほどで,小野小町の住居だったという随心院に着く。こちらは梅園で有名なお寺。
1.jpg


続きを読む


お花見2012【その3・山科(醍醐寺)】 [お花見]

3年前にも1度お花見に行ったことのある醍醐寺を再訪。

豊臣秀吉が総勢千人以上引き連れて豪勢に行ったという「醍醐の花見」の現場である。日本のお花見名所としてつとに有名であり,毎年桜の時期には多くの観光客で賑わう。テレビニュースなんかでお花見の話題が取りあげられる際にもよく登場し,その映像の美しさには目を奪われる。

しかしワシ,ここの桜のこと,ぜんぜんおぼえてない。

天気がイマイチだったことと,境内でみたらし団子を食べたこと,笹屋伊織の「どら焼」を買ったことしか覚えてない。
買ったばかりの2千円分のスルッとKANSAI(電車&バスのプリペイドカード)を帰り道で無くし,ショックで桜の記憶が吹っ飛んでしまったのかもしれない。

それにしても,世にも有名な天下の桜をこんなに簡単に忘れてしまうというのでは,自分があまりにも花より団子な人間であるような気がして,なんとも心穏やかでない。もしかしたら世間の評判とは裏腹に,たいした桜ではなかったんじゃないか?

お花見マニアとしては,どうしてももう一度醍醐寺の桜を見ておきたかったというわけである。

1.jpg
人が多かったのなんのって

続きを読む


お花見2012【その2・毛馬桜之宮公園】 [お花見]

毎年行っている毛馬桜之宮公園へ,今年も行ってきた。

0.jpg
長閑でいい眺め。


これはもう我が家の年中行事みたいなものになりつつある。
自転車で川の両岸をつーっと走り,気に入ったところでひと休み。その後必ず,南森町のハニーミツバチ珈琲ドーナツ食べる。コーヒーとドーナツの専門店でありながら,ドーナツメニューは常時たった2〜3種という潔さ。
1.jpg


桜が咲き始めると,
「また桜之宮にドーナツ食べに行こうね(=お花見に行こうね)」
とオットは言うのであった。


お花見2012【その1・岸和田城】 [お花見]

今年のお花見第一弾は,連続テレビ小説で一躍話題の地となった岸和田へ。

3.jpg
岸和田城っていうこぢんまりしたお城があるのだった。

続きを読む


お花見2011【その8・二条城】 [お花見]

中学校の修学旅行で行って以来であろうか,二条城

「案外いいよ」

と言われて行ってみたら,本当に案外よかった。

0.jpg

今も昔も修学旅行生がいっぱい。



続きを読む


お花見2011【その7・善峯寺】 [お花見]

個人的に2010年の紅葉ランキング1位だった西山の善峯寺へ,遅咲きの桜を見に行ってきた。

0.jpg

続きを読む


お花見2011【その6・京都府立植物園】 [お花見]

京都の桜名所には結構行った気がしていたけど,まだまだ知らなかった名所はたくさんあるもんだ。

開花情報をしっかり調べて,満開ど真ん中の府立植物園へ行ってきた。

0.jpg


続きを読む


お花見2011【その5・原谷苑】 [お花見]

立命館大学より1時間に1本のバスに乗り,揺られることおよそ20分。閑静な住宅地が広がるエリアに,原谷苑という個人所有のさくら苑がある。

いままで色んな所で桜を見てきたワタシだが,ここの桜には度肝を抜かれた。

0.jpg
入り口につく頃は陽が傾きかけて,「なんかサウダージ」と思ったのだが…

続きの画像に度肝を抜かれてください


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。