So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

お花見2013年(西陣) [お花見]

西陣は、以前フレンドの職場があったので、何度か訪れたことがある。しかし、こんなに桜のきれいなお寺さんがいっぱいあるとは知らなかった。
必死に歩いて、半日で回れるだけ回ってみた。
(撮影日:2013年4月4日)

9.jpg
ランチは「パンがうまい」とフレンドから聞いていた『ほんやら洞』にて。日替わり定食:牛の煮込み、サラダ、パン、そして味噌汁…

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2013年(大原野) [お花見]

穴場・西山に桜を求めて散策してきた。

すばらしい好天、訪れる人も少ない里山の春。
絶好のシチュエーションにもかかわらず、カメラを忘れるという痛恨のミスによりすべてiphoneによる撮影となったのがいかにも口惜しい。

1.jpg
まずは別名『花の寺』と言われる勝持寺から。

(撮影日:2013年4月1日)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2013年(渉成園) [お花見]

今年もこの季節がやってきた。

しかしついこの前まで暖房つけて部屋に引きこもっていたのに、もうお花見とは。気候の変化の激しさに、年々ついて行けなくなるかんじ。

今年は仕事の都合でお休みも例年より少ないので、吟味して場所を選ばねばなるまい。見たいスポットと見頃がうまく合致するかどうか心配である。

ひとまず今年のお花見第一弾として、見頃を迎えた渉成園を訪ねてみた。

3.jpg
京都駅や三十三間堂からも徒歩圏ながら、人の少ない穴場。
(撮影日:2013年3月31日)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その13・大原】 [お花見]

京都でお気に入りのエリアはどこかときかれたら、大原は3本の指に入るかもしれない。
初めて紅葉狩りに行ったとき、おとぎ話の世界を地でいくような里山の紅葉に、荒んだ心がすっかりいやされたものである(その時の記事)。
紅葉がすんばらしい場所が桜もすんばらしいとは限らないのだが、一度春の大原も見てみたいと思い出かけてみた。もう真夏になっちゃったけど。
撮影日:2012年4月24日

1.jpg
菜の花満開。蜜の香りがむんむん。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その12・造幣局】 [お花見]

久しぶりのアップがまさかのお花見ネタとは,誰が想像していたであろうか。 まだ残っているんですよ画像が。 こんな真夏に桜なんてとお思いでしょうが,画像データの整理がてら,こそっとアップさせていただきます。

なんだかんだ言って毎年見に行っている造幣局通り抜けに,今年も行ってきました。
撮影日:2012年4月23日


0.jpg


1.jpg


2.jpg


3.jpg


4.jpg


5.jpg


6.jpg


 お花見の時期って,結構お天気が不安定だったり寒かったりしがちだが,造幣局の桜は遅咲きなので,通り抜けの時期は毎年爛漫のぽかぽか陽気。用がなくても浮かれて外を歩きたくなるのは皆一緒なのだろう,期間が1週間に限られるということもあり,毎年すごい数のお花見客であふれかえる。外国人観光客も多い。八重はゴージャスだから,わびさびの分かんない人にも幅広くウケるのだと思う。


8.jpg

帰り道は屋台で埋め尽くされていて,昼間からみんな花見酒をひっかけたりしている。この雰囲気がまた楽しい。

7.jpg


毎年通り抜けを済ませると「ああ今年もアタシの花見は終わった」と少し寂しいような,ほっとするような。

しかし実はまだ終わっていないのです(汗)。あとひとつお花見ネタが残っておりますので,そのうちアップいたします…

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その11・仁和寺】 [お花見]

花見は続くよどこまでも。これは2012年4月21日のお花見の記です。

日本さくら名所100選の1つ,京都でも遅咲きの御室桜を観に仁和寺へ。

4〜5年前に1度,友だちに連れられて行ったことがあるのだが,その時は早すぎたか遅すぎたかで,桜はあまり咲いていなかった。今回は満開のタイミングを見計らってリベンジ。

0.jpg


貝原益軒が『京城勝覧』(享保3)で「春はこの境内の奥に八重桜多し,洛中洛外にて第一とす,吉野の山桜に対すべし」と絶賛したという御室桜。約200本の満開の林がお出迎えしてくれた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その10・墨染寺】 [お花見]

吉野山がフィナーレだと思ったら大間違い。その後もまだお花見していたのだった。

墨染寺(ぼくせんじ)は874年清和天皇の勅願により創建,豊臣秀吉により復興された。
ローカルな住宅街に位置するこぢんまりとした佇まいながら,お花見の穴場として名高く,かねてより行ってみたいと憧れていたお寺。お弁当持参で行ってみた。

「墨染寺:見ごろ続く」というリアルタイム開花情報をしっかりチェックして行ったのだが…ほとんど散ってたじゃんかよ,コンニャロー!

0.jpg
なぜか日蓮像の足元に信楽焼のタヌキ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その9・奈良&吉野山(後編)】 [お花見]

またしても長らく空いてしまったが,お花見ネタはまだ続くのである。

奈良に1泊して,翌朝早めに吉野山へ。ワシの大・大・大リコメンドのお花見名所。

ワシにとっては2年ぶりの,そして同行の友人にとっては生まれて初めての吉野の花見。去年も行きたいねーという話はしていたのだが,直前に東日本大震災が起こり,なんとなく自粛して終わってしまった。それだけに,実現の喜びはひとしおだ。

吉野に限らず,今年は非常に開花状況の読みが難しい年だったが(なかなか咲かないなーと思っていたら急に咲き出して,あれよあれよという間に満開になって散ってしまった所が多かった[たらーっ(汗)]),下千本〜中千本は概ね満開&上千本は7分咲きという,きわめて良好なコンディション。蔵王権現さまのお導きであろうか。

1.jpg
眼がチカチカするような景色です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その8・奈良&吉野山(前編)】 [お花見]

GWも過ぎたというのに,まだ花見の話かよといわれてしまいそうだが,まだ続くのである。

古都のお花見に魅せられて数年,京都は結構あちこち見に行ったのだが,古都としては先輩格である奈良にはぜんぜん行っていない(エリア分けもよくわからないので,「奈良」とざっくりしていて申し訳ない)。

京都がすごすぎて,奈良まで手が回らないというのも,もちろんある。
しかしいちばんの理由は,奈良は情報が少ないことだ。このネット全盛の時代,どこの景勝地も「うちの桜はこんなにすばらしいよ」「うちの桜,来週末見ごろだから」と毎日のようにホットな情報を流し,観光客を呼び込もうとしているものである。しかし奈良は,あんまりそれやってくれてない。それだしブロガーの情報も,京都とは比べ物にならないほど少ない。

今回,お花見マニアにとっては別格の地・吉野山への花見のついでに,1泊して初めて奈良市内の桜を目撃してきた。「ついで」と書いたが,そもそもお寺を参拝したかっただけで桜にはまったく期待をしておらず,咲いているのかどうかもろくすっぽ調べずに行ったのであった。

1.jpg
でもすごく咲いてて,メチャよかった! …奈良よ,宣伝頑張ってくれ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お花見2012【その7・伏見】 [お花見]

ぽかぽか春らしい晴天の土曜日,酒と銘水と龍馬さんの街・伏見へ行ってきた。

0.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。