So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
実験料理 ブログトップ

ツナの水煮は断然自家製がおいしい [実験料理]

スーパーで,ビンナガマグロの切り落としを安売りしていた。サクを取ったあとの筋っぽいとこや,皮と身の間のとこで,コラーゲンが多い部分だ。早速買い求め,ツナの水煮を作ってみることにした。
またしてもワタシの得意な炊飯器保温料理でござる。

1.jpg
まずはタッパに詰めて,と。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

にんじんのソムタム(もどき) [実験料理]

0.jpg

ソムタムはタイ東北部イサーン地方の庶民の味。日本のタイ料理屋さんでも人気の高いメニューのひとつであり,最も辛いメニューのひとつでもある。

ソム(ส้ม)は柑橘類,タム(ตำ)は叩くという意味であり,要するに柑橘果汁と野菜などの和え物の総称と言っていいと思う。和える際に,クロックという石臼で材料を豪快に叩きつぶす。潰れた野菜の繊維に,甘辛酸っぱいタレが絡む。

ソムタムといえば青パパイヤと思われがちだが,実際はパパイヤ以外のものでも作る。ソムタム・マムアンといえば青いマンゴーのソムタムだし,ソムタム・テンクワーといえばきゅうりのソムタムだ。
そして変わり種としてソムタム・ケロッというのがある。ケロッとはキャロットのタイ語。つまりにんじんである。

レシピは続きを読んでね


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

炊飯器でオイルサーディンを作ってみた [実験料理]

ギラギラと光り輝く旬の真イワシで,オイルサーディンをこさえてみた。

0.jpg

こしらえるにあたりレシピをいろいろ調べてみたら,要するにコンフィといっしょで,塩水でマリネしたあと,低温の油で煮ればいいようだ。

コンフィなら砂肝や手羽先でよく作っているが,家庭では炊飯器で超簡単にできるのをご存知であろうか。肉を下処理して,塩とハーブで数時間マリネして,タッパやジップロックに入れ油をひたひたに注いで密封し,熱湯を張った炊飯器に入れて一晩保温するだけ。信じられないほど肉がやわらかくなる。

このやり方を踏襲すれば魚でもできるんじゃないかと常々思っていたのだが,そうか,オイルサーディンはイワシのコンフィだったのだな。

作り方は続きをどうぞ


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
実験料理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。