So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

母と行くパワースポット(足立美術館編) [ぶらり旅(島根)]

2日目。
この日は横山大観のコレクションと庭園で名高い足立美術館へ。

足立美術館の庭園は、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング(=Sukiya Living)」で10年連続庭園日本一に選ばれているそうな。へえすごいね!と素直に思うと同時に、アメリカにそういう専門誌があることにも「へえ」と思う。

紅葉が少し始まっており、さすがの美しい庭園を満喫。
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg
クラーク博士じゃなくて、この人が足立さんらしい。

5.jpg

7.jpg

6.jpg
額縁庭園ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

庭園のほか横山大観や河井寛次郎、魯山人などの結構なコレクションがあり、見応えがある。
ただしお客の8割方は庭園にも美術にも関心なさそうな団体旅行のご老人で、館内に響き渡る大声で世間話や近所の人のうわさ話をしながらゆっくり歩いておられ、鑑賞の邪魔である。

それにつけても、電車での個人旅行で足立美術館へ行くのは、なかなかに難儀だと思った。

安来駅発着の無料シャトルバスが出ているというので安心してたら、本数は1時間に1本程度。しかも電車の時間との連動性はない。私たちが電車で安来駅に着くと、ちょうど出てしまった後。結局市営の乗り合いバス(有料)を利用することになった。

そして、バスといっても小型のマイクロバスで20人程度しか乗れない。
帰りに安来駅まで利用しようと並んで待ったが、定員オーバーで乗せてもらえず。あと2人ってところで「もう満員です」と言われた時は、雷が鳴り、雨が本格的に降り出す中、「レ・ミゼラブル」という言葉が胸に去来するばかり。
結局、美術館の職員さんにタクシーを呼んでいただき、間一髪で電車の時間に間に合った。もし間に合わなかったら、周囲に何もない安来駅で1時間待たねばならないところであった。

まあ、なかなか行かれないところだからこそ、わざわざ行く価値があるのよね。でも、多くの人が訪れる一大観光地なんだし、もうちょっと行きやすいのか思っていたわ。

この辺りを旅するなら、パックツアーに参加するか、運転できる人とレンタカーを借りるか、タクシーにじゃんじゃん乗るか。電車はすっごく不便。

足立美術館
〒692-0064 島根県安来市古川町320 TEL:0854-28-7111 料金:大人 2200円 ※年中無休
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

ぺるしー

おー、憧れの足立美術館は素晴らしい庭園ね。所蔵品もなかなかとの事、私も次に出雲に行く時は訪ねてみたいです。その時はトムヤムさんが難儀したことを胸に刻んでおくわ。私もこの秋、パック旅行してみて分かったけど、新幹線降りたら駅前からバスで観光地まで連れてってくれる便利さは、現地で長距離の移動をする場合、楽で得難いものでしたよ。特に点在する見所を効率的に回るには良いみたい。私も母と旅行したいわ。
by ぺるしー (2012-12-02 17:43) 

トムヤム

天気が今ひとつだったけど、足立美術館はやはり見応えあったよ。
やっぱり、交通の便が悪いところはパックが便利よね。でも、苦労しつつも母とマイペースで観光できたのはよかったかな。女同士の旅行の楽しさに、すっかり味を占めてしまいました。
by トムヤム (2012-12-03 10:39) 

higashi

初めまして
私も足立美術館行きましたー。
団体さんと外国語の飛び交う中
純金茶釜で点てたお茶を頂いてきました。
レンタカーでしたけど遠いですね、よくあんな辺鄙(失礼)な所に作ったもんだとその強気さに脱帽です。

by higashi (2012-12-04 17:21) 

トムヤム

higashiさま
コメントありがとうございます。
同じく母娘で島根に行かれてたんですね!
私たちは足立美術館で高いランチをいただいてきました。カレー(母)とおこわ(わたし)でしたけど、意外とご当地食材がバッチリ入って本格的でしたよ。
by トムヤム (2012-12-06 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。